脱毛の方法で医療脱毛

医療脱毛の仕組み

脱毛なら医療脱毛がいいという方が多く、効果、回数、期間、安全性等についても高い評価を受けているのが医療脱毛、医療用レーザーを利用した脱毛処理です。元々レーザーは美容医療分野でも痣、ほくろなどを除去するために利用されてきました。こうしたレーザーの研究が進み、現代ではむだ毛処理にレーザーが利用されるようになっています。

光脱毛の場合は、複数の波長の光を集めてむだ毛に照射し、毛乳頭や毛根を焼き切るのですが、医療レーザーの場合、単体の強いレーザー光を利用し毛乳頭や毛根を効果的に焼切り破壊します。永久脱毛と呼べるのは脱毛方法の中でも唯一、レーザー脱毛のみということも、すでに多くの方が知るところとなっています。

毛根部分には皮脂腺開口部と呼ばれる部分や毛球部と呼ばれる部分がありますが、こうした毛の製造工場と呼ばれる部分にもしっかり作用し熱損傷によって破壊されるため、二度とむだ毛が生えてこなくなるという仕組みです。

仕組みとしては光脱毛と同じような物ですが、レーザーは照射強度が高いため、回数も期間も光脱毛より少なく済むのです。最近は男性もひげ、胸毛などの処理を医療脱毛で行っているという方が多くなり、男性専門脱毛クリニックも非常に多くなっています。