脱毛の方法で医療脱毛

医療用レーザーの脱毛とは

脱毛方法には医療脱毛と呼ばれる医療用レーザーを利用した脱毛処理と、光を利用したサロンでの脱毛処理、さらに針を利用した針脱毛という方法が行われています。光とレーザーを利用した施術の場合、メラニン色素に反応する光、レーザーを利用し毛根の毛乳頭と毛母細胞という毛の誕生、成長を司る部分を破壊する方法です。

針による施術はごく細い針を毛穴一つ一つに挿入し、微弱電流などを流して毛根の毛母細胞、毛乳頭をこわす施術です。光もレーザーも針も、熱によって毛母細胞、毛乳頭をこわす施術ですが、このうち、永久脱毛と広告できるのは医療レーザーを利用する方法だけです。

効果としてはレーザーも光も針も、毛が誕生し成長してくる部分を破壊するという方法になるので、施術を行った部分に関してはむだ毛が生えてくることはありません。しかし、光とレーザーの場合は照射強度に違いがあるので、やはりクリニックで行う医療レーザーを利用した施術の方が効果も高く、また期間も短く回数も少なく済みます。

最近は医療レーザーの施術を行う脱毛クリニックもかなり多くなり、都市部以外、地方の駅近くなどにも数が増加しているようです。男性の脱毛についてもヒゲ、胸毛など、施術を受けたいという人が多くなっているため、男性専用クリニック、サロンなどが増加し、積極的に処理される方が多くなっています。

これからむだ毛処理に医療脱毛を選択される時、どのような事を行うのか、どの程度の回数がかかるのか?などを理解しておくと安心して施術を受けることができるでしょう。


《 医療脱毛に関するおすすめサイト 》
こちらのクリニックは、医療脱毛での全身コースがあります。通常の全身脱毛コースの他、部位を選んで脱毛できるオリジナルの全身セレクト脱毛があり、自分に合った医療脱毛を受けられるでしょう → 医療脱毛 全身コース